ブライダル業者の選び方

提携先の披露宴会場を比較

男性と女性

最近は日本古来の伝統的な神社挙式を選ぶカップルが増えています。
神社挙式ならではの厳粛な結婚式は家族や親族にも受け入れやすく、招待された人たちにとっても心が安まる挙式になります。
神社挙式をする場合はあらかじめ自分たちで神社を選ぶことができます。
地元の神社だけでなく、世界遺産に登録されている有名な神社でも挙式することができます。
神社挙式をする時にはブライダル業者に斡旋してもらうのが一般的です。
例えば神社挙式をする場所がすでに決まっている場合、複数のブライダル業者が取り扱っています。
その中から1つの業者を選ぶわけですが、費用や衣装などを比較して選ぶようにします。
ブライダル業者によって挙式費用も挙式内容も違うことがあるので、詳しく説明を求めてから決めた方が安心できます。
特に花嫁によっては衣装がとても重要なので、その点を中心に比較することが大切です。
またブライダル業者では神社挙式の斡旋と同時に、挙式後の披露宴会場も提供しています。
どのような披露宴会場と提携しているかも業者を選ぶ時の判断にする必要があります。
ブライダル業者によっては神社の近くの料亭を披露宴会場にしている所もあり、招待客の人数が多い場合は小さすぎることもあります。
招待客の人数によって、提携している披露宴会場を選ぶ必要があります。
大手のブライダル業者なら提携している披露宴会場の数が多く、自由に選べるようになっています。
和風の料亭からホテルまで好きな会場を選べると便利です。

それぞれに魅力がある

赤い糸

結婚式は本来その国の文化や宗教的な背景が大きく影響する儀式であり、日本固有の民族宗教である神道の形式で行われる神前式は日本文化に深く根差した結婚式の代表です。
神前式の中でも特に神社を挙式会場としたものを神社挙式と言います。
式場やホテルといった神社以外での神前式と基本的な流れは一緒ですが、異なる部分もあります。
式の流れの中での違いで大きいのは、入退場に伴う儀式の内容です。
神社挙式では入場前に控えの建物から神殿まで行列を作って参進する、参進の儀が一つの目玉になっています。
神社では神殿が独立した建築物になっている事情から、必要があって行われるものであり、ホテルや式場での神前式では必要ないので省かれます。
ただ式場によっては神殿まで道を作ってあり、簡易的な参進の儀が出来るようにしてあるところもあります。
また流れ自体は同じでも神社挙式特有の現象として、挙式途中にも一般の参拝客が訪れる事があげられます。
社殿の中までは入れませんが、参拝は自由なので鈴の音や柏手の音が式の最中にも聞こえてきます。
社殿の中に居るとそれほど音は大きく聞こえないですし、それも味と言えますが、気になる人は式場での神前式の方が好ましいでしょう。
その他の違いとしては、神社挙式では衣装のレンタルやメイクさんの依頼、披露宴会場の手配などをある程度自分達で行わなければならない点があります。
多くの場合神社側で挙式披露宴がセットのプランになっていたり、どこかしら衣装店や披露宴会場となる料亭などと提携していたりします。
ですから丸々すべて自分たちで手配する必要はほぼありませんが、式場やホテルと比べれば多少手間がかかります。
神前式を挙げるなら神社と式場どちらがいいかについては、雰囲気を大事にするなら神社挙式、利便性を重視するなら式場やホテルの神前式、ととらえておくと良いでしょう。

憧れの挙式にするために

会場

結婚式は、洋装と和装、どちらが憧れでしょうか。
和装である白無垢は、ウエディングドレス同様、女性が一生に一度は着てみたい憧れの衣装です。
 もし、白無垢を着てみたいと考えている人は、神社挙式を検討してみてはいかがでしょうか。
ただ、意外と神社挙式について詳細を知らないから不安、という人もいますよね。
 では、神社挙式の費用相場や、必要な準備には何があるのでしょうか。
ここでは、それについて記載していきます。
 まず、費用相場ですが、神社挙式は教会挙式より、安く式を挙げることができます。
挙式代金だけだと、10万から数十万が相場と言われています。
 ただ、教会挙式などと違い、神社挙式には謝礼がいる場合があります。
初穂料と呼び、挙式費用とは別になっていることも。
そこは神社に確認しましょう。
 他にも、別途料金がかかるものがあれば、その都度加算されていきます。
例えば、衣装や着付け、カメラ撮影などの料金があります。
 衣装については、式のプランでセットになっている場合もあります。
もし、神社で衣装をレンタルする場合、自分で準備するものはあまりありません。
 しかし、神社の衣装を使わない場合、自分で衣装を準備します。
レンタル会社を使って、もしくは購入品を用意しましょう。
 あと、普通の教会挙式と同様、指輪交換も行います。
指輪の準備は忘れないようにしましょう。
 他には、神社でのマナーを学んでおくことが大切です。
普段、慣れない所作ばかりなので、心配な人は練習もしておきましょう。
 神社挙式を行うことで、伝統的な挙式を挙げることができます。
気になっている人は、一度神社へ見学へ行き、雰囲気を確かめてみるのもおすすめです。

神前式と教会式の特徴

神前式

結婚式は挙式と披露宴から構成されるのが一般的で、このうち挙式には教会式と神社挙式・人前式などの種類があります。神前式とも呼ばれる神社挙式は神社を舞台に、親族など少人数が出席して厳粛な雰囲気の中で行われます。洋装で挙式を実施する教会式と比べ、和装で行う神社挙式は日本の伝統的スタイルが特徴です。

もっと読む

ブライダル業者の選び方

男性と女性

古来からの伝統に則った神社挙式をするカップルが増えています。多くの場合はブライダル業者に申し込むようになっていますが、費用や挙式内容によって比較して選ぶようにします。特に衣装について詳しく説明を聞いてから業者を選ぶと安心です。大事なのは挙式後の披露宴です。どのような会場と提携しているかも調べます。

もっと読む

神社で行うウェディング

神社仏閣

和婚専門のブライダル会社を利用することで、神社挙式がスムーズに行えます。衣装やヘアメイクの準備、写真撮影などが含まれるプランを利用すると、新郎新婦側の準備はほとんど不要ですが、マナーやオプション料金については少し知っておく必要があります。

もっと読む