神社で行うウェディング

和婚専門の会社を利用

神社仏閣

神社挙式の準備は、和婚専門のブライダル会社に相談をして進められます。
神社挙式を行うには所定の段取りがあり、専門のスタッフに相談した方が効率よく挙式が出来ます。
神社挙式の会場となる施設との交渉も、専門のブライダル会社の挙式プランを利用すれば、パック料金の範囲内ですべて代行してもらえます。
ブライダル会社が発売するプランには、婚礼の儀式だけでなく、新郎新婦の支度や写真撮影も含まれます。
プランに申し込みをすることで、このようなサービスが自動的についてくる仕組みです。
従って、衣裳の準備やヘアメイクなどを他の業者に依頼する手間がかからず、一切の準備をお任せして当日を迎えられます。
新郎新婦に求められる準備をとしては、和装を身につけるときのマナーの確認や神社挙式の流れの把握などが、強いて言えば挙げられます。
和装には、一定の格がありますので、神社挙式においても一通りの知識は必要です。
和婚に相応しい振る舞い方もマスターしておくと、落ち着いて当日が迎えられます。
このような神社挙式での衣裳や花嫁行列で使用するアイテムなどは、基本的にレンタルで利用します。
プランに含まれている内容をグレードアップしたいという方は、別途プラス料金を払ってサービスを充実させることも出来ます。
ただ、自前で用意した品物を使用すると、ブライダル会社によってはレンタル料金に持ち込み料がプラスされます。
予想以上に費用がかかってしまうのが、こういったケースです。

神社の結婚式の服装

神前式

結婚が決まり、結婚式を挙げる場合、実に様々なことを決めていかなければなりません。
まず最初に決めることは、どのようなスタイルの挙式にするかということです。
基本的には新郎新婦の希望で、決めることが多いのですが、両家の親の希望という場合もありますので、家族での話し合いになることもあります。
定番で正統派として、神社挙式があります。
また、ウェディングドレスに憧れる新婦は教会でのキリスト教式、自由なスタイルが魅力的な人前式も選ばれている人気のスタイルです。
中でも、日本人として昔から、選ばれ続けているのが、神社挙式ではないでしょうか。
現在は結婚式場やホテルに設置されてある館内神殿での挙式も可能であり、新郎新婦だけでなく、ゲストにとっても移動に負担がないのが魅力です。
本格的な神社挙式は神社でとりおこなわれます。
いずれにしても、新郎新婦の衣装は紋付き袴に白無垢が一般的ですが、華やかさを求め、色打掛を選ぶ新婦も増えています。
では、列席者の服装はどのようなものがよいのでしょうか。
神社挙式の列席者は親族が多く、着物が多いといわれています。
両親は、新郎新婦よりも控えめに、母親は黒留袖、父親は紋付き羽織袴が一般的です。
また、その他の親族は、黒のスーツや母親よりも控えめな着物や洋装がよいでしょう。
また、友人知人の場合は、和装も喜ばれています。
せっかくの機会なので、トライしてみてはどうでしょうか。
洋装の場合は、新郎新婦、また両親よりも控えめなスーツや肌の露出が少ないドレスがよいでしょう。

神様の前で執り行う挙式

新郎新婦

神社の本殿などを舞台に行われる神社挙式は、日本伝統の挙式スタイルとして定着しています。
近年、キリスト教式などの他のスタイルが台頭し、一時流行が下火になった時期もありました。
神社挙式は、神職に終始付き添われながら行われ、内容も個性的です。
現代人には余り馴染みのない言葉が頻繁に登場するため、却って新鮮なイメージを持たれているスタイルと言えます。
この神社挙式は、家族や親族中心の小ぢんまりとした挙式のスタイルとなります。
式場のスペースも然程広くなく、限られたメンバーで執り行う挙式です。
友人が参加を希望する時は、通常、神職などにその旨を確認をして許可を得ます。
オープンなキリスト教式や人前式よりも、神社挙式は若干ルールが多いと言えるでしょう。
挙式の中では、新郎新婦が盃を交わす三々九度が行われます。
このような三々九度は、神社挙式でしか見られない独特の作法です。
一連の儀式を通じて神様に二人の婚儀を報告するのが、神社挙式の目的の1つです。
近親者だけで執り行える神社挙式は、費用も格安です。
有名な神社を使用する時は、その施設に拝殿の使用料などを支払います。
ホテルなど、総合施設で神社挙式を行った場合を除き、披露宴は別会場となるのが基本です。
一般の参拝客が訪れる有名な神社を利用した時は、特に速やかに挙式を終えることが求められます。
神社の敷地内を和装姿で練り歩く、花嫁行列も神社挙式のプロセスとなっており、自然の景観を満喫しながら、結婚式が出来るスタイルでもあります。

神前式と教会式の特徴

神前式

結婚式は挙式と披露宴から構成されるのが一般的で、このうち挙式には教会式と神社挙式・人前式などの種類があります。神前式とも呼ばれる神社挙式は神社を舞台に、親族など少人数が出席して厳粛な雰囲気の中で行われます。洋装で挙式を実施する教会式と比べ、和装で行う神社挙式は日本の伝統的スタイルが特徴です。

もっと読む

ブライダル業者の選び方

男性と女性

古来からの伝統に則った神社挙式をするカップルが増えています。多くの場合はブライダル業者に申し込むようになっていますが、費用や挙式内容によって比較して選ぶようにします。特に衣装について詳しく説明を聞いてから業者を選ぶと安心です。大事なのは挙式後の披露宴です。どのような会場と提携しているかも調べます。

もっと読む

神社で行うウェディング

神社仏閣

和婚専門のブライダル会社を利用することで、神社挙式がスムーズに行えます。衣装やヘアメイクの準備、写真撮影などが含まれるプランを利用すると、新郎新婦側の準備はほとんど不要ですが、マナーやオプション料金については少し知っておく必要があります。

もっと読む