神前式と教会式の特徴

厳粛な雰囲気の神前式

神前式

結婚式と言えば儀式としての側面を持つ挙式と、パーティとしての性格が強い披露宴という2つの行事から構成されるのが一般的です。
多くの出席者にとって結婚式の印象は披露宴に左右されがちですが、新郎新婦やその親族にとっては披露宴に先立って行われる挙式も重要な意味を持ちます。
挙式は教会式と神社挙式・人前式の3種類が代表的で、現在では教会式を選ぶ人が過半数を占めていますが、古式ゆかしい神社挙式も根強い人気があります。
教会式と神社挙式の最も基本的な違いは、新郎新婦が結婚の誓いを立てる対象がキリスト教の神か日本の神かという点です。
そのため教会式ではキリスト教会が、神前式とも呼ばれる神社挙式は神社がそれぞれ挙式を行う場となります。
新郎新婦の服装も教会の場合と神社の場合では大きく異なり、教会式では新婦のウェディングドレスと新郎のタキシードなど洋装が基本です。
これに対して和装が基本の神社挙式では新婦が白無垢の着物と綿帽子、新郎は紋付袴の正装が多く選ばれています。
時代の変遷とともにドレスやタキシードなど洋装に憧れ持つ若い人たちが増えたため教会式の人気が高まっていますが、日本人らしい和装にこだわりを持つ人も少なくありません。
両者では式次第も大きく異なっており、教会式では参列者全員で賛美歌を斉唱したりする場面も設けられるのが普通です。
現在ではそうしたキリスト教文化に基づいた挙式スタイルに抵抗を抱く日本人も減っていますが、年配の人を中心に神社挙式の方が安心だという見方もあります。
神社挙式は厳粛な雰囲気が大きな特徴で、参列者も新郎新婦の親族などの少人数に限られるのが一般的です。
華やかなイメージの強い教会式の挙式スタイルを選ぶ人たちが増えている一方では、日本人らしさを再確認できる神社挙式も魅力的なものです。
互いの家族と相談しながらも、最終的には新郎新婦の価値観に従って挙式スタイルを決めるといいでしょう。

有名な神社で憧れの挙式

ハート

しっとりとした落ち着きあるムードが魅力の神社挙式は、東京でも実現します。
大都会として知られる東京にも、神社挙式にピッタリの趣ある神社は予想以上に多いです。
知る人ぞ知る神社から、文化財に指定されるような有名な神社まであるのが、東京です。
東京の神社は、都心の真ん中にひっそりと姿を現します。
敷地内に入れば、都会の喧騒を忘れさせてくれるような、厳かな雰囲気に包まれます。
観光スポットとして知られる神社の場合は、平日の境内にもある程度人通りは見られます。
神社挙式は、こういった神社の本殿などを利用して行われます。
天井絵や色とりどりの内装を眺めながら、神社挙式が執り行えるのが東京の神社です。
アクセスが便利なこともあり、東京の神社挙式の後は、レストランでの会食や披露宴と相成るのが1つのパターンです。
新婦のお色直しや洋装へのチェンジなども、このようなタイミングで行われます。
神社挙式の落ち着いたムードとは打って変わって、都会風の華やかな会食や披露宴が楽しめますので、思い出はさらに深くなります。
東京のホテルの中にも、神社挙式用の本殿を設けている所があります。
地方の神社との縁が深く、手軽に神社挙式が体験出来る施設です。
有名な神社は人気が集中すると予想されるため、挙式を希望する神社がある時はスケジュールの確保が、1つの課題となってきます。
神社挙式のサポートサービスに相談をすると、希望の神社への申し込みが出来ます。

披露宴会場を別途手配する

新郎新婦

式場やホテルでの神前式であれば挙式から披露宴への流れは、一般的な西洋式の結婚式と変わりません。
しかしこれが神社挙式となると、披露宴会場が併設してある神社は少ないので、たいていの場合は会場を別に用意する形になります。
挙式後に式典に参加した親族は自分で会場まで移動するか、用意された車などに乗り込んで披露宴会場に向かいます。
親族のみの参加が基本となる神社挙式では友人や知人などのゲストは披露宴からの参加が一般的なので、神社には向かわずに個別に会場へ直接向かう形になります。
主催する側としては招待客の人数や提供する食事の内容によって、最適なレストランや料亭などを手配します。
披露宴の内容は神社挙式という和式の結婚式であることから、和食を主体にした和風スタイルが人気です。
選び方の基準としては会場の広さの他に神社から近い事や、お色直しなどの準備をするのに適した場所がある事などがあげられます。
さらに披露宴から参加するゲストのために、駅の近くや大きな道路沿いなどアクセスがしやすい場所を選ぶ配慮も必要です。
また神社挙式の場合、和装で来られる招待客が多くなる傾向にあります。
着物だと短い距離でも歩きづらいので、車の手配も欠かせません。
人数が少ない場合にはタクシーでもいいですが、ある程度人数がいる場合にはバスを手配しましょう。
特に夏場や冬場、また雨などの気象条件では洋装でも移動がつらいので、時期や天気予報を確認しつつ車の台数などの調整が必要です。
神社の近くに適当な場所がないなら、日を改めて披露宴だけ別日におこなうという方法もあります。
この方法であれば地元から離れた神社で挙式を行い、地元に戻ってから披露宴を行う事も出来るので、友人や知人を招待しやすいというメリットがあります。

神前式と教会式の特徴

神前式

結婚式は挙式と披露宴から構成されるのが一般的で、このうち挙式には教会式と神社挙式・人前式などの種類があります。神前式とも呼ばれる神社挙式は神社を舞台に、親族など少人数が出席して厳粛な雰囲気の中で行われます。洋装で挙式を実施する教会式と比べ、和装で行う神社挙式は日本の伝統的スタイルが特徴です。

もっと読む

ブライダル業者の選び方

男性と女性

古来からの伝統に則った神社挙式をするカップルが増えています。多くの場合はブライダル業者に申し込むようになっていますが、費用や挙式内容によって比較して選ぶようにします。特に衣装について詳しく説明を聞いてから業者を選ぶと安心です。大事なのは挙式後の披露宴です。どのような会場と提携しているかも調べます。

もっと読む

神社で行うウェディング

神社仏閣

和婚専門のブライダル会社を利用することで、神社挙式がスムーズに行えます。衣装やヘアメイクの準備、写真撮影などが含まれるプランを利用すると、新郎新婦側の準備はほとんど不要ですが、マナーやオプション料金については少し知っておく必要があります。

もっと読む